2004年03月24日

2004年1月〜のドラマ(2)

見るつもりだった「僕と彼女と彼女の生きる道」は結局半分くらいしか見れなかったんだけど、割と良かった。
見ないつもりだった「砂の器」は相方の影響で特に後半はほとんど見た。映画(もビデオ借り手見た)とは違った雰囲気だったが、これはこれで良かった。
中居も草●(●は弓へんに剪)もなかなか良い演技だなーと思えた。

それに引き換え、「プライド」の下らないこと下らないこと。
何回かちらっと見てみたけど、とても見るに耐えない内容で、すぐにチャンネル変えてしまった。
出てる奴みんな馬鹿ばっかに見えるし。
どっちかというと役者じゃなくて脚本・演出(というか局の企画そのもの)が悪いんだとは思うが。
それにしても木村拓哉は「木村拓哉」役しかやらせてもらえずかわいそうですな。

てことで一番面白かったのはやっぱ「ドールハウス」。間違いない。

Posted by hide at 2004年03月24日 23:05 | TrackBack
Comments
Post a comment









Remember personal info?